Laboratory

研究室紹介_渡辺
Watanabe Lab.

渡辺研究室

リハビリテーション工学,アシスティブテクノロジー,福祉用具,ヒューマンインタフェース,障害児者福祉

研究室では,障害のある人や高齢者が自分らしい生活を過ごすために,情報技術を活かした,機器操作用スイッチ・インタフェースの研究,福祉用具や生活支援機器・アプリの開発と適合支援に関する研究など,アシスティブテクノロジー(支援技術)に関わる研究を行います.
できるだけ実際の利用場面に出向き,実践的な研究を行います.

また最近は,3Dプリンターなどのデジタルファブリケーションを利用した機器開発や支援サービスのシステム構築になどにも取り組んでいます.

Watanabe Takashi

教員紹介

略歴

  • 名城大学 理工学部 卒業
  • 放送大学大学院 文化科学研究科 修了 修士(学術)
  • 立命館大学大学院 工学研究科 修了 博士(工学)
  • ホシザキ電機(株)
  • 名古屋市総合リハビリテーション事業団(なごや福祉用具プラザ) リハビリテーション工学技師

主な研究テーマ

機器操作用スイッチおよびインタフェースの研究
福祉用具・生活支援機器の開発
生活支援機器の相談・提供システム構築に関する実証的研究

Watanabe Takashi

渡辺 崇史

Professor